構築中。

名古屋のITインフラ屋さんです。ITイベントへの参加記録などを残していきます。

Amazon Auroraの機能拡張・変更3連発

11月を前に、連続でリリース告知等が行われました。

aws.amazon.com

すでに評価用インスタンスのt2系(インスタンスストレージなし)に対応していたので本番(プロダクト)用もいずれr3からr4へ?と思っていたら対応しました。

テンポラリ領域はどこに確保されるのでしょうか?

EC2ではr3系よりr4系のほうが安いのですが、Auroraは同価格のようです。

この値付け、テンポラリ領域の確保と何か関係があるのでしょうか?(EBS付き?)

 

aws.amazon.com

本家MySQLでは、BKAやMRRへの対応は「バッファプールが大きいサーバではあまり大きな効果がない」とされていますが、オンプレ(データセンター跨ぎのDR:BD/半同期レプリケーション環境等は除く)と比べてディスクアクセスが遅いAurora(読み書きで必ずAZ間をまたぐアクセスが発生する仕様なので仕方がない)では、ディスクアクセス時のSQL性能が上がることはそれなりにメリットがあると思います。

バッファプールサイズ≧総データ容量の環境では、効果が低いと思いますが。

 

aws.amazon.com

ようやくAmazon AuroraのPostgreSQL互換バージョンが正式リリースとなりました。

はたして、有償RDBMSからのマイグレーションが加速することになるのでしょうか?

 

10/31追記:

R4インスタンスを試してみました。

qiita.com

 

11/2追記:

Asynchronous Key Prefetchも試してみました。

qiita.com