構築中。

名古屋のITインフラ屋さんです。ITイベントへの参加記録などを残していきます。

MySQL Release note でわいわい言う勉強会 8.0.20(6/10)

ちょっとニッチな感じのオンラインイベントに参加しました。

mysql.connpass.com


MySQL 8.0 の薄い本 8.0.20 対応版」の印刷版が不良在庫になりつつある中、

hmatsu47.booth.pm

今回は一応ネタを用意して参戦しました。

speakerdeck.com

さすが MySQL 8.0、バグフィックスの検証もすんなりとは進めさせてもらえなかった(笑)。


内容は坂井恵さんのブログをご確認ください。わたしのこのエントリでは内容そのものにはほぼ触れておりません。

sakaik.hateblo.jp


会の冒頭の坂井恵さんの話の中でも出てきたとおり、MySQL 8.0 では、マイナーバージョンのリリースノートに

  • Functionality Added or Changed

がある、という、通常のソフトウェアでは考えづらい状況になっていて、それゆえに企画された(?)勉強会なのです、が。

例えば 8.0.18 で導入されたハッシュジョイン、

  • 有効無効の切り替えができたのが登場直後の 8.0.18 だけ
  • 8.0.19 からは無効化できなくなった
  • 8.0.20 からは INDEX が使えないケースで積極的に使わるようになった
    • しかし従来の NLJ とは違う結果が返るケースがある
    • つまり「前と同じ結果が欲しければ無理にでも INDEX を付けるしかない という、なかなか攻めたコンセプト(?)でバージョンアップが進んでおります。

(ちなみに、項目数は少ないですが、MySQL 5.7 でも GA になってからも 5.7.25 前後までは毎回のように「Functionality Added or Changed」があって…。)


しかし、そんなときでも困らぬよう(?)、たとえばとみたまさひろさんがマイナーバージョン間差異をみることができる、

mysql-params.tmtms.net

を公開されていたり(しかも先日、エラーメッセージのバージョン間差異にも対応!)、不便なところはユーザが先回り(?)して問題を解消しようという機運が生まれるという、ユーザに愛されるプロダクトということがよくわかる(?)MySQL なのでした。


結論として、「MySQL 8.0 を安心して使いたければ、ぜひユーザ会とか Casual とか、ユーザのコミュニティに参加しましょう!」ということが再確認できたオンラインイベントでした(?)。

Open Source Conference 2020 Online/Nagoya(5/30)

参加レポート、書いたつもりで書いてなかった(汗)。

ospn.connpass.com


今回は、前夜祭

ospn.connpass.com

で LT をさせてもらいました。

speakerdeck.com


で、当日は、他の用事の合間を縫いつつ、さらに「第1回 名古屋市オープンデータラウンドテーブル」をバックでチラ見しつつ、主に RDBMS 関連のセッションを視聴していました。

(個別のコメントはしません。)


今回、オンラインの OSC としては初めて参加したのですが、正直「ちょっと難しかったなー」という印象です。

これはイベントの良し悪しの問題というよりは、自分の固定観念から来る期待と現実のズレが出てしまったことが原因だと思うのですが。

まず、せっかく仮想空間での展示やミニセッションなどの企画が開催されていたのですが、それらに全く参加できず、「OSC に参加したぞ!」という満足感というか充実感があまり得られませんでした。

というのもオンラインでのセッション受講、意外と疲れるので「幕間」にふらっとどこか別の場所を見に…という気が正直起きませんでした。これは「バックでチラ見」していたのもいけなかったのだと思いますが。

さらに、OSC のような「色々な要素が混ぜ合わされたイベント」では特に「会場に来たぞ」という臨場感をつい求めてしまうので、画面にリアルな「会場」が映っていない時点で「これって OSC だっけ?」という戸惑いが。


ちなみに、RDBMS 以外のセッションでは、オンライン高等教育のセッションも聞きました。

オンラインで受けざるを得なくなった(→オンラインかオフラインかを選択できる状況とはまったく別の状況ですね)学校教育はもちろんのこと、新卒で会社に入ってリモートで研修を受けている方々も、おそらく同じように「違うコレじゃない」感を抱えつつ、戸惑いながら過ごしている最中ではないかと(もうリアル出社されている方々も増えてきたとは思いますが)。

そういう「期待と違う現実」に直面したときにそれをどう受け止めてどう行動を変化させていくかは大事だなー、と考えさせられた、オンライン初参加の OSC でした。

日本MySQLユーザ会(MyNA)20周年イベント & MySQL 25周年イベント(5/25)

mysql.connpass.com

2020/05/23 は MySQL 誕生 25 周年!

※ついでに Java さんも同じ誕生日!25 しゃい!

ということで、MySQL ユーザ会(MyNA)の 20 周年とあわせて記念オンラインイベントが開催されました。

主に MySQL 黎明期というか、日本で MySQL の利用を広めるのに貢献されてきた方々の昔話的なトークを聞くことができました。

Togetter はこちら。

togetter.com


面白かったのは、MySQL ユーザ会を主戦場にされてきた方と MySQL Casual Talks サイドの方(もちろんずっと両方に関わって来られてきた方もいらっしゃいますが)の、お互いへの微妙な距離感(笑)。

といっても敵対していたわけではなくて、「ガチュアルこわい」とかそんな感じのものですが。

※正直、わたしも数年前には、将来 MySQL Casual Talks で登壇することになるとは全然予想もしていませんでしたが。ガチュアル怖かった(風評被害)。

あと、わたしは存在こそ認識していたものの 20 年くらい前は MySQLer ではなく Oracle / PostgreSQL を浅~く使っていたので(メインのお仕事はネットワークのお守りだった)、その当時のことは「あー、そんなようなことがあったなあ」半分、「初めて知った!」半分な感じで聞いていました。

※mSQL については一瞬「???」となりましたが、ちょっと前に公式リファレンスマニュアルを頑張って読んでいたので「あ、あそこに書いてあった話か」と気づきました。


Java もそうですが MySQL も Sun が Oracle に買収されたときに「終わった」という世間の反応がありながらも、それから 10 年以上むしろ発展し続けているので、なんだかんだ言ってすごいな、とも思います。

今後どうなるかはまだわかりませんが、わたしは今までどおりにゆる~くコミュニティに関わっていけたら、と思っております。

※どさくさで↓も 8.0.20 対応版 +8.0.19 対応版のセットが 2 セット売れて、8.0.19 対応版の(不良?)在庫がなくなりました。ばんざい。

hmatsu47.booth.pm