構築中。

名古屋のITインフラ屋さんです。ITイベントへの参加記録などを残していきます。

Alibaba Cloud in Nagoya #2(8/21)

今週 2 件目のイベント参加です。

alieaters-nagoya.connpass.com


Alibabaのコンテナ化への道(Q さん)

Alibaba Cloud では、

という話でした(KubeCon China 2019 での講演より?)。

※このあたり、参考になるかも?

Alibaba Cloud Serverless Kubernetes 徹底解説

ImageSearchを使ってみた。(m.ogata さん)

画像検索「Image Search」の話でした。

顔を使っての検索を試した話でしたが、Image Search は顔の認識はちょっと苦手で、

とのことでした。

Cloud Nativeを意識した、外部レジストリーやCI/CDツールを使った構築・CI/CD方法の紹介(oqmuuu さん)

…が、

とのことで、今後に期待、です。


その後、追加で LT っぽい話があり、

という有用な情報もいただきました。


ちなみに、懇親会で、

ということになりました。

たぶん、次回なにか話します!

OWASP Nagoya Chapter ミーティング 第12回 / オワスプナイト ナゴヤ#4

OWASP Nagoya、久々(やっと 2 回目)の参加でした。

owaspnagoya.connpass.com

…といってもやはりそこはセキュリティ、話の内容が色々とアレで SNS やブログで公開するのはマズそうなので、ほとんど書けることがありません(笑)。

大丈夫そうなのは、唯一、村井さんが話をされた「OWASP ZAPの導入に苦労した話」だけ。

  • Java のコミュニティ運営と Oracle サポート方針の変更の影響を受けて、JREJDK)の選定に苦労した
  • 選定・インストール後、パスを通すのに苦労した
  • 一旦 JRE 8 を入れたら画面表示が極端に細かくなってしまったので 9 以降(結局選んだのは 12)を入れることに…

という話でしたが、

  • Java 有償化」という FUD をまき散らすことなく「Java が有償化したわけではない」との注意書きを入れ、
  • OpenJDK ソムリエ(山田さん)のスライドを紹介し、
  • Oracle JDKJava SE)のサポート料金はそんなに高価なわけではない」という点にも触れる

という、セキュリティクラスタらしい(?)細やかさが発揮されていたのが印象的でした。

(まあ、「Oracle は商売上手」という意見が出ていた点は、エンドユーザの視点からすると当然と言えば当然かな、と…Java コミュニティメンバの視点からは違う見方もできるのですが。)


本編以外は、新 Chapter Leader 丹羽さん就任のあいさつ、9/14(土)に中電 CTI で開催される「OWASP 758 Day」など Owasp Nagoya の今後のイベントの告知と、名古屋ギークバー 9/9(金)開催の「ダムナイト」の告知、それから Owasp Nagoya Chapter リーダー坂梨さんのバイクが壊れた話ぐらいでした(セキュリティ成分少なめ)。

というわけで、セキュリティそのものを扱ったテーマの報告はゼロです。ご了承ください。

Japan Tour in Summer: Java & k8s on Azure まつり @名古屋(8/5)とヤフー名古屋 Tech Meetup #3 - Webフロントエンドを支えるノウハウ(8/6)

まったく別のイベントのため本来ならエントリをわけるべきところ、長期間放置しすぎて書いている余裕がなくなったのでまとめてレポート、です。

75az.connpass.com

yahoo-nagoya.connpass.com


まず 8/5。わたしは Azure ユーザではないのでてらだよしおさん目当て(?)で参加。前半は Azure の k8s 関連サービスの話、後半は先日 DevLove X で話されたことの再演のようなものでした。

前半は直前に参加した Cloud Native Nagoya #02 の復習として Azure のサービスの理解に役立ちましたし、後半は DevLove X のときよりも落ち着いてゆっくり話をされていたので、学生時代の話や Sun が Oracle に吸収された直後の話、それから MS に転職されるあたりの話のうち、DevLove X のときにうまく拾えていなかったところを聞きなおすことができました。

同じテーマの話を複数の方(Azure の k8s 関連サービスでいえば片倉さんとてらださん)から立て続けに聞くことは「同じテーマの本を並行して読むと良い」という話にも通じます。また、同じ話(てらださんの学生時代からこれまで)を複数回聞くことも時間の無駄でないことがよくわかりました。


次に 8/6。こちらは会社で Vue.js に取り組み始めた(わたしは直接触っていませんが)ことから、先月の Vue.js Night Nagoya #2 に続いての参加です。

多少書籍を読み進めていたので、Vue.js Night Nagoya #2 のときよりは話のイメージが掴めましたが、残念ながら Vue.js 関連がテーマの演目は少な目でした。

但し、フロントエンドのテストの話は Vue.js Night Nagoya #2 での LT よりも(発表時間が違うので当たり前ですが)具体的で「何に困るのか」「解決法をどう考えるのか」イメージが付きやすかったです。また、AtomicDesign の話も、デザインやコーディングの「標準」「ガイドライン」的なものを活用しようとするときにありがちな「必ず何らかの壁に当たる」「それを乗り越えるために、頑張るところと諦めるところがある」のがよくわかる話でした(あと、1 つ目の Nuxt.js の話とも共通する「デザイナーとプログラマーのコミュニケーションの問題」とか)。

ヤフー名古屋 Tech Meetup #3 の後の盆休み中、実は 9 月中旬に東京で話すネタをつくるために Node.js と Vue.js を使って簡単な Web のテストアプリケーションを作ったので、さらにほんの少しだけ Vue.js の理解が進みました(Web サイトとして一通りの機能を実装するまでには至っていませんが)。


↑のテストアプリケーション作りと 9/7 に磐田で開催するイベントの準備のためにこのエントリを書くのが遅くなってしまいましたが、早速本日の夜に次の参加イベント「オワスプナイト ナゴヤ#4」がありますので(その後も 1 日置きに Alibaba Cloud と Java が)、なるべくレポートをためないようにしたいと思います…。