構築中。

名古屋のITインフラ屋さんです。ITイベントへの参加記録などを残していきます。

July Tech Festa 2018(7/29)

台風の影響で行けるかどうか心配でしたが、無事参加してきました。

2018.techfesta.jp

会場の産業技術大学院大学です。台風一過でいい天気でした。 f:id:hmatsu47:20180804211922p:plain

実は当日、名古屋駅まで出る私鉄路線が台風通過後の点検のため動いておらず、名古屋駅に向かうために立体駐車場に車を取りに行ったらゲートで千円札が詰まって警備員さん(ワンオペ待機中)を呼ぶ羽目になったり等アクシデント連発だったのですが、予定の時間(基調講演の終盤)には間に合いました。

開催からすでに1週間、記憶もかなり薄れていますので、手短に書いていきます。

[G10] Ansible with「AWX」 の世界へようこそ(齊藤 秀喜さん)

Ansible with AWX

  • 商用であるAnsible Towerのアップストリーム版としてOSSで開発が進められているもの
  • Playbookの実行や対象リソース、キャパシティなどを一元管理
  • 私の勤務先で、Ansibleはオンプレでメンテナンスに使っていたけれど、クラウドでも仮想マシンをImmutableに作るには引き続き利用できそう(なことはわかっていたけれど利用シーンが減ってきていた)

[F20] 僕の考えた最GoのCI環境(羽深 修さん)

僕の考えた最GoのCI環境 - Speaker Deck

  • 「コレ使ってる」というよりほとんど「コレ使いたい」の話だった模様
  • 過去に(別の方で)似たようなパターンのセッションがあったような…?(あのときはショートセッションじゃなかった記憶)

[F21] freeeのマイクロサービスを K8s + Go で組む! 短期プロジェクト成功の記録(坂井 学さん)

freee のマイクロサービスを K8s + Go で組む! 短期プロジェクト成功の記録 / microservices-using-k8s-and-go - Speaker Deck

  • こちらは(タイトル通り)実績の話(短期=3ヶ月)
  • 失敗することは承知の上で、実害を最小限にする対策を取りつつあえて新しい技術で攻める
  • 私の勤務先のような頭のカタい(一方、当人たちは柔軟だと思い込んでいる)ところでは考え方の転換をさせるのは至難の業なので、半はダマして進めて後で「実はやっちゃいました」という方法で変えていくしかないかも(過去にそれをした実績あり…但し当時は少なくとも経営陣は今より柔軟かつ進歩的だった)

[F22] オンラインコミュニティをフル活用!インフラ勉強会に世界各地から参加しよう(上堂薗 健さん

July tech festa 2018 [f22]

  • 自分にとっては初どうぞのさん
  • ちょっと前に(自分が思っていたより)若い方だということを知ったが、実際はさらに若かった
  • 自分も参加してるけどオンライン勉強会は本気でお勧め(内容によってはオフラインよりも勉強になる・モチベーションにつながる)
  • 勉強会は「すごい人の話を聞きたい」という目的で参加する人もいるが、この勉強会では「受講者側にすごい人が潜んでいていきなりチャットに登場する」パターンがあって、むしろそっちのが面白い

[C30] 「使ってみた」では終わらせない! AWS GuardDutyを使ったサイバー攻撃の検出・分析45分スタートアップ講座(鈴木 研吾さん)

GuardDutyを使ったサイバー攻撃の検出と分析.pdf - Speaker Deck

  • ML(機械学習)を利用したセキュリティ脅威の検知システム
  • AWSでシステムを運用する場合、オンプレより想定すべき驚異の種類が増える
  • False Positiveが非常に少ない(「オオカミ少年」になりにくい)
  • 鈴木さんは「セッション中に受講者全員?をGuardDuty利用者にする」というMissionを持ってセッションに臨んだが、どうやらそれは失敗した模様(Mission Incomplete)

[A40] 最高のITエンジニアリングを支える守りと攻めの「設計技術」と「SRE」(北野 勝久さん)

最高のITエンジニアリングを支える守りと攻めの「設計技術」と「SRE」 - Speaker Deck

  • 小さな組織で、ユーザへの価値提供に中注できるよう仕組み・エンジニアリングで運用の問題を解決してきた話
  • ほぼゼロの状態から地道に仕組みを作り上げ、SRE活動してきた
  • 登壇者(かつひささん)との個人的なTweetのやりとりの裏で起きていたドラマを、発表を通じて知った
  • セッション後に(ニアミス続きだった)かつひささんと挨拶ができて良かった
  • 力技と精神論で何とかしようとするのをいい加減やめたいが、そのためには「力技と精神論で何とかしなくても/しないほうが結果が出る」ことを実際の活動で老害偉い人に示さないといけない

[B50] AWSのソリューションアーキテクトが教える AWS Management Tools の使いどころ(大村 幸敬さん)

20180729 JTF2018 AWS Management Toolsの使いどころ

  • AWSAmazon)のビジョン・カルチャーとManagement Toolsの使い方/利用シーンの話
  • ツールよりもカルチャーの話がメインだった印象だったけれど、あらためてスライドを見直して記憶をたどるとツールの説明のほうに時間を掛けていた気がしてきた
  • マルチアカウントは真剣に検討中(だが、組織内で意識の共有が全くできていない段階…)

[A60] ソフトウェアで構築する成長し続けるインフラストラクチャとメルカリの挑戦(長野 雅広さん)

成長し続けるインフラストラクチャとメルカリの挑戦/mercari infrastructure and software - Speaker Deck

  • 3月にMANABIYAで聞いた話をより丁寧な説明で「再演」されたようなイメージ
  • MANABIYAで聞き逃していた(と思しき)ことをいくつか拾えたので再演だとしても大歓迎
  • が、丁寧な説明が災い(?)したのか、予定の時刻になってもまったく終わる気配がなかったので、泣く泣く途中退出
  • 因みに、前の時間枠のスカウティングセッションでメルカリ東京DCの解説が出てきてたので、A60のセッションが始まったと勘違いして聞き入ってしまった

JTFは、自分が東京など遠方に出てきてITイベントや勉強会に参加するきっかけの1つとなったイベントなので思い入れがあり、今年も参加できて本当に良かったです。

昨秋に勤務先のシステムをAWSへ移行した後(無茶振りプロジェクト遂行)、「燃え尽き症候群」のような状態になってしまってなかなか抜け出せないのですが、業務でまともなアウトプットを出せないのは仕方がないと開き直って、(いつか)充電完了するまで引き続きインプット活動を続けていこうと再確認した一日でした。

国外逃亡してきました(7/17~21)

といっても、諸事情あって会社で連れて行ってもらった(連行された?)だけですが、結果的に亜熱帯化した日本からの逃亡、となりました(帰ってきてからもまだ暑いけれど。今日は名古屋で39.5℃!)。

連休明けの1週間、全く仕事らしい仕事をしていなかったので、明日からのリハビリが大変そうです。

行き先は香港とマカオでした。

  • 香港

f:id:hmatsu47:20180722234205j:plain f:id:hmatsu47:20180722234224j:plain

f:id:hmatsu47:20180722234252j:plain f:id:hmatsu47:20180722234311j:plain f:id:hmatsu47:20180722234325j:plain


香港では7/18、マカオでは7/19・20にインフラ勉強会にも参加。いずれもホテルの無料Wifiでの接続でしたが、快適に利用できました。

若干マカオのほうがジッタが出やすかったですが、ホテルの規模が大きく人も多かったことの影響がありそうで、いずれにせよ日本の地方のホテルとは比べ物にならないぐらい快適な環境でネットを使うことができました。

MySQL at Facebook & MySQLテクノロジーアップデートセミナー+三菱一号館美術館(7/5)

最近ブログへのアップが遅れ気味ですが、先週参加してきました。

connpass.com

本家oracleのサイトからは早々と消されてしまったようなので、connpassを…。残ってました(Oracle山﨑さんより直々にお知らせいただきました。ありがとうございます!)。

MySQL at Facebook & MySQLテクノロジーアップデートセミナー

今回は、これまで参加したセミナーと内容が被るので、さらっと流します。

MySQL Server 8.0 & MySQL Cluster 7.6 Technology Update(Oracle稲垣さん)

前回のセミナーの要約版+MySQL Cluster 7.6 GAの話でした。なので、MySQL 8.0についての話は省略します。

MySQL Cluster(インメモリDB・以前から「NDB Cluster」と呼ばれていたほう・InnoDB Clusterではない)ですが、

  • TB級のクラスタでも再起動が速い
  • Partial Local Checkpointの採用
    • データメモリの一部と変更だけをDisk保存(永続化)する
      • Disk容量節約
      • CheckPoint高速解放

などをアピールされていました。

MySQL at FacebookFacebook松信さん)

今回のメインセッションです(以下、印象に残った点を箇条書き)。

  • MySQL は5.1→5.6の移行を2013~2014年頃に実施(5.5はSkip)
  • 5.6に各種Patchを加えて運用中
    • Patchは本家Oracleに取り入れてもらうよう働きかけを行ってきた(実際にいくつか取り入れられてきた)
      • FacebookMySQLそのものを商品としてビジネスをしていないので、本家に取り入れてもらってメンテナンスしてもらったほうが都合が良い
    • ALTER TABLE~DEFLAGMENT INDEX
    • InnoDB DoubleWriteでの書込削減Patch
      • ダブルライトをやめて「データが壊れたときの検知」に注力
      • 壊れていたら別インスタンス(ノード)からコピーすればよい
      • 実際に壊れたことが10%程度しかなかったため
    • 主キーの順番に配慮して論理Read-Ahead
    • その他、非同期・スロットリング・ユーザ別セッション変数・クラッシュセーフなSlave / Master、binlog圧縮(ZSTD)、準同期binlog、START TRANSACTION WITH CONSISTENT $ENGINE SUPPORTなど
  • Binlog Server
    • 長期間binlogを残す
    • リージョン(DC)あたり1コピーにまとめることにより、地理的分散によるレイテンシ増加の悪影響を軽減する
  • MyRocksというストレージエンジンを開発して、UDB(User Database)とMessengerをInnoDBから移行した
    • http://myrocks.io/
    • 関連記事はこのへん https://news.infoseek.co.jp/article/enterprisezine_9450/
    • B+木IndexではなくLog Structured Merge(LSM)構造を採用
    • Read性能を犠牲にしてスペース効率のUPを目指した
      • 当初、DBサーバのCPUとDisk I/Oがスカスカだった一方、容量は不足気味だったため
      • 結果、CPUとDisk I/O負荷は少しUPしたが、容量は半分になった(1台に元の2台分を入れられるように)
    • テーブル(データ)構造はInnoDBと同じClustered Indexを採用
    • Bloom Filter & Column Familyなどによって性能低下を抑えた
    • ギャップロックなし
    • Row-Based Replication Only
    • 移行作業を工夫
      • 書込回数を削減
      • データベリファイを頑張った(データ件数比較・GTIDで取得して比較・Auditプラグインを活用)
    • TRIMストール(DELETEで刺さる)を防ぐため、TRIM有効範囲を制限
  • 8.0への移行を検討中
    • 8.0には期待している
      • performance_schema、テーブル統計などのPatch
      • トランザクショナルなDDL、よりよいオプティマイザ
      • Group ReplicationではIPv6対応やシングルプライマリ、ライブマスタ選出への対応を期待

MySQL 8.0へのアップグレードのポイントとパラメタ比較(Oracle山﨑さん)

バージョン間のデフォルトパラメータの違いとアップグレード時の注意点のお話でした。

バージョン間でデフォルトパラメータ、あるいは設定可能なパラメータそのものの差異があるので、

  • できるだけ8.0に近いバージョン(5.7)に上げてから8.0に上げたほうがよいこと
  • 予約語文字コードやCOLLATION、認証方式、SQLモードなどの違い
  • アップグレードチェッカーの活用

などについての言及がありました。

あと、「パラメタ比較」というタイトルから薄々感づいていたのですが、やっぱりMySQLユーザ会のとみたさんのパラメータ比較についての言及もありました(というか、結構大きく取り上げてました)。

tmtms.hatenablog.com


あっさり早めに終わったのと、会社の東京事務所に呼ばれずに済んだ(当日、情シス部門の人が拠点間VPNをIPoEベースに張り替える作業をしていた。ただ、IPv6について知見がないとのことだったので私が準備を手伝った)のとで時間が余ったので、東京駅近くの三菱一号館美術館で、(日常生活では全く無縁の)宝飾品の数々を眺めてきました。

mimt.jp

mimt.jp

目の保養?になりました。