構築中。

名古屋のITインフラお守り係です。ITイベントへの参加記録などを残していきます。

NTT 技術史料館ほか見学(6/6)

本日はゆる SRE 勉強会 #6 への参加を兼ねての東京遠征でしたが、まとめてブログ記事化すると長くなりそうなので分けました。

ここのところ、門司港へ行ったり大正村へ行ったりしながら着々と大吉祥寺.pm の LT の準備を進めていますが、ついに「本丸」に行ってきました。

まずは 6.6.6 の日なので

たまたま令和 6 年 6 月 6 日だったので、ちょっとだけ寄り道をして六本木ヒルズ郵便局へ。

入口を間違えて外周をほぼ一周してしまいましたが無事 6F の郵便局に到着。

着いたとき、窓口に財布の忘れ物(お金も他のものも入っていた)があったので局員さんに渡してきましたが、ちゃんと持ち主の元に戻っているといいですね。

そしていよいよ NTT 技術史料館へ

バスの乗り方を間違えてもたつくも、13:30 過ぎに現地に到着しました。

(30 分少々遅れてしまった分、後で時間が足りなくなる、という結果に…いや、30 分余裕があったとしても全館きっちり見て回るには足りなかった気が)

hct.lab.gvm-jp.groupis-ex.ntt

1 周目はガイド付きで

団体でもなく予約もしていなかったのですが、OB ガイドの方(千葉さん)がいらっしゃるタイミングで入館したので、1 周目はガイドをお願いして回ることにしました。

電話の始まりや通信回線のこと(裸線から無架装ケーブルまで)、交換機の変遷(オペレーターによる手動交換→ステップバイステップ自動交換機→クロスバー交換機→デジタル交換機→ IP-PBX)、昔のモバイル端末(車載→ 3kg あるハンディホン)、とう道、光ファイバーなどの話をうかがいながら B1F から 3F までと 1F の体験コーナーを 2 時間くらいで回りました。

2 周目は自由見学で

ガイドしていただいたお話を忘れないうちに、復習しつつ写真を撮りながらの 2 周目。

特許を取ったのはベルだったけれど実際に最初に発明したのは別の人物、という話はありましたね。

展示にはありませんでしたが、ここ↓もいつか行ってみたいです。

nagasaki-bunkanet.jp

ダイヤル式電話機の 10pps と 20pps がここに影響してくるのか、という気づきが。

1 周目にガイドしていただいた千葉さんはデジタル交換機の開発に携わられていたそうです。

個人的に、今の仕事につながる形でお世話になった(?)D70 交換機。

パソコン通信で草の根 BBS を開局して INS ネット 64 の回線を引いていなかったら、たぶん今の仕事はしていないはず)

途中から時間が足りなくなって「ほぼ写真を写して回るだけ」になってしまいました。

MN128-SOHO、家の中を探せばどこかから出てくるはず。

最後は「蛍の光」が流れ始めて大慌てで 3F を回ることになってしまいました。

そして入口でアンケートに回答して、

お土産のペーパークラフトをいただきました。

たぶん大吉祥寺.pm 前日の 7/12 に再訪して、改めて 3F をゆっくり見てまわることになりそうです。

三鷹駅に戻って三鷹市美術ギャラリー

ちょっと時間が余ってしまったので、たまたま見つけた三鷹市美術ギャラリーに立ち寄りました。

mitaka-sportsandculture.or.jp

太宰治のコーナーをゆっくり見てきました。


(ゆる SRE 勉強会の記事に続く予定)