構築中。

名古屋のITインフラ屋さんです。ITイベントへの参加記録などを残していきます。

切れ味鋭い名刀でなくて100均のペーパーナイフでも素手で戦うより何倍もマシな件

タイトルが回りくどい。

先のエントリの通り、現在とあるシステムの移行準備中です。

 

本日、若手メンバーが新しい仮想サーバにユーザ登録をしていたのですが…対象が10サーバほどあり、登録すべきユーザも10人近くいたにもかかわらず、

「すべて手作業」

で黙々と進めておりました。

私がそれに気づいたのが、定時退勤時間を過ぎた18時ちょっと過ぎあたり。職場ルールで20時には強制退勤となるので、本日の残り時間は長くてもあと2時間弱。

その時点で、10サーバ中6サーバ目が終わる間近、そこまでに至る経過が、ざっくりと

・作業方法の調査、ユーザのキーペア発行などの準備作業で約1時間

・実際のユーザ登録が1サーバあたり約30分(!)

てな感じで、4時間ほど黙々と作業を続けており、あと残りは2時間ぐらい…という「今日中に終わるかどうか微妙な」ライン。

後の予定の関係で、終わらなければ明日の土曜出勤が確定します(ちなみに私は別の作業があるのですでに出勤確定しております)。

 

たったそれだけのことで出勤させるのもかわいそうなので、強制的に手を止めて、

・本人にも理解可能なExcelを使って

・セルの式で各ユーザに合わせた引数を持つコマンドを生成して

・セルをコピペすればbashスクリプトになるように

作業を進めてもらったところ、変に恰好をつけて(コマンドなどの)固定の文字列部分もセルに記述しそれを参照するように式を作り始めたせいで、セル参照の固定($)が行方向と列方向で混在し、(当人が)混乱してかなり手間取ったものの、

・約30分でシェルスクリプトは完成し(恰好をつけずに文字列定数で式を作れば所要時間はせいぜい5分か10分だったはず…)

・1サーバあたり5分以下でユーザ登録が完了した

ので、無事、土曜出勤を回避することができました。

※サーバとユーザがそこそこの数あるなら最初からディレクトリサービス使えよ、という声も聞こえてきそうですが。

 

また、ついこの間、私が振休を取って秋葉原に行っていた日には、もっと業務歴の長いメンバーが、レコードのエクスポート/インポートが可能にもかかわらず、DNSのゾーンを(数十レコードある!おまけに長いTXTレコードも複数!)数時間かけてすべて手作業で入力して移行していたことがあったようで。

エクスポート/インポートすれば30分で終わったのにね。あーあ。

 

何も高度なツールを使いこなさずとも、だれでも使えるようなツールで低レベルなことをするだけでも、数倍のスピードアップとそれ以上の労力の削減ができるはずなのですが(一所懸命画面で間違いがないか確認しながらひたすらキーを打つ、というのはとてもツラいでしょうに)。

※ついでに、ツールを使うときに変に恰好をつけるのもやめましょう。

 

「結果よりも一所懸命やっている姿を見せることが大事」といわんばかりの行動ですが、こういうことが度々あるということは、当人たちだけの問題ではなくて、周りで彼らを見ている人たちの問題でもあるのかもしれません。