構築中。

名古屋のITインフラ屋さんです。ITイベントへの参加記録などを残していきます。

そういえば、最近ネット通販してない

Amazonの当日便遅配が(また、というか以前より酷い状態で)最近問題になっていますが、そういえば、自分自身は(Amazonの当日配達地域外ですが)最近、自分自身がネット通販などで注文する形で宅配便を使うことが激減していることに気づきました。

今年に入って、数えたら3回だけ。

その全てで、営業所留め置きまたはコンビニ受け取りにして、自分で取りに行ってます。

宅配業者の不在配達問題を気にして、というよりは自分の都合でそうしているだけですが(事業者側従業員の負担云々をいうのならコンビニ受け取りも避けるべきかも。コンビニ店員さん、やるべき仕事の種類が多すぎて大変そうですし)。

ただ、Amazon Dash Buttonが流行って、「デキる人ほどこういうものに飛びついて活用するものだ」という風潮が出てきたときには、「その通りだと思うが、他人の多大な犠牲を前提にしてまでデキる人にはなりたくない」(いや、それ以前に「デキる人」自体になりたいわけでもない)と思ったものですが。

 

ただ、この営業所留め置き、特にある特定の配送事業者では「発送者への確認」を条件にしていてなかなかうまく話がつかないことが多いのが困りものです。

先日、Developers.IOに行くときにも、ある程度のメモリ容量があって軽いPCに新調すべく、Amazon以外の通販事業者に発注したのですが、(発注時の営業所止め不可はわかっていたので)配達直前に営業所に連絡して留め置きに変更する際に、やっぱりちょっと揉めました。

配送履歴を後から見たところ、ちょっとトリッキーなことをしてくれたようで、無事に営業所で受け取ることができたのですが。

「営業所止め不可」「事後変更での留め置きも不可」(正確には前者と後者は別物ですが混同することも多い)という事情が(いくつかの理由で)あることはわかるのですが、ね。

「営業所止め」なら発送側に住所を知られなくて済む、という点を悪用するのを避ける意図で、とか。

ただ、理由の1つ(というより2つか?)として挙げられる、「正規の荷物を他人が詐取する」「悪意のある者が最初から他人を騙って発注する」ことを防止する意図での「留め置き不可」については、正直なところ「実際に(記入された住所に)配送に行ったところであまり差がない」のでそれほど意味がない、と言えそうです。

というのも、これまで、偶然(帰ってきたところに配達が来た、など)の場合も意図的(重いカー用品の受け取りゆえ、駐車場の前で受け取りたかった、など)な場合も、敷地内(部屋の外)で配達員にこちらから声を掛けた場合、その場で荷物を受け取れなかったことが一度もないからです。

どの事業者の配達員が、ということではなく、今までそういう状況に遭遇した全ての事業者の配達員で、です。

しかも、通常、営業所で受け取る場合は免許証などの身分(身元)証明を提示することになりますが、敷地内で声を掛けた場合、室内で受け取る場合と同様、サインを求められるだけでした。

つまり、「配達時間帯が分かっていれば他人の荷物を詐取できる」し、「他人の住居を(さも自分が住んでいるかのように装って)受け取り場所に指定することも可能」なわけです。

「もうちょっとまともな本人確認をしろよ」と言いたくもなりますが(実際、配達員に求められなかったのにこちらから身分証を見せたこともあるし、「部屋のドアのところに行きましょうか?」と確認したこともあるが、「は?」という反応だった)、不在配達問題でこれだけ配達員の皆さんが疲弊している状況で、「部屋まで行かなくても受け取ってもらえるならラッキー」となる気持ちも分からなくもありません。

仮に「部屋(玄関)まで行っていない場合は身分証の提示を求めるように」というルールを定めたとしても、どこで受け渡しをしたかは配達員と受け取った人にしかわからないので、多忙すぎて1秒でも早く配達したいシチュエーションでは意味がないわけで…(監視用のヘッドカメラの装着を義務付ければ話は別ですが、そこまでするか?ということで)。

リスクを下げるために決めたルールがかえってリスクを増大する原因になっていることもある、ということで…その時の社会情勢等、状況に応じてうまく線引きを変えてもらえたほうがいいのかな、と。

 

もっとも、私自身は、これから当面ネット通販をあまり使う予定がないのですが。

日用品も本(電子書籍を除く)も、ほぼリアル店舗でしか買いません。

店内の様子を見ることも一つの楽しみですので。

 

そういえば、昔、某社のPCを直販で購入した際、手違いで事業者向けの配送業者経由で配達されてしまい、「配達は平日昼間のみ」「営業所はないから取りに行くこともできない」(仮に、取りに行けたとしても夜間・休日は無理だけど)という状況になって困ったことがありました。

昼間に(聞き慣れない名前の)配送業者に電話したら、ようやく繋がったところでそういう事情が発覚するとともに、「受け取る側が受け取る努力をしてくれ」と言い放たれましたが…現在の「Amazon デリバリープロバイダ問題」に引っかかった方々も、似たような状況かもしれません。