構築中。

名古屋のITインフラ屋さんです。ITイベントへの参加記録などを残していきます。

永青文庫の春季展示「熊本城 -加藤清正と細川家-」(4/9)

今週の日曜日(4/9)は、個人情報保護士会の講演会「改正個人情報保護法ガイドラインへの対応ポイント」を聞きに東京へ出かけましたが(そちらのエントリは後ほど…)、午前中は時間があったので、早めに名古屋を出て、永青文庫の春季展示を見てきました。

www.eiseibunko.com

 

f:id:hmatsu47:20170411000827j:plain

雨です。

f:id:hmatsu47:20170411000852j:plain

建物入口。傘を差しながら写真を撮ったので、少し斜めです。

 

永青文庫は戦後まで存在した細川家の屋敷跡にあり、主に細川家に関わる美術工芸品を展示しています(展示スペースは限られるため、熊本県立美術館でも年に数回館蔵品を展示しているそうです)。

因みに、2月下旬まで、名古屋市美術館で館蔵品の日本画が「出張展示」されていました。

 

今回の春季展示では、館蔵品とともに、熊本県立美術館等が所蔵する作品も展示されていました。

目白台のひっそりした場所にあり、天気も雨だったせいか、訪れる人も少なく、ゆっくりと館内をまわることができました。

 

隣の肥後細川庭園では、桜が散り始めていました。 

さすがに誰もいないか…と思ったら、中国人の団体が2組いました。

f:id:hmatsu47:20170411001933j:plain

肥後細川庭園

 

庭園を南に抜けて、バスで飯田橋(一丁目)に移動しました。

講演会の会場近く、飯田橋付近の桜も散り始めでした。

f:id:hmatsu47:20170411002109j:plain