読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構築中。

名古屋のインフラエンジニアです。ITイベントへの参加記録などを残していきます。

紅葉を見に、古今伝授の里フィールドミュージアム(岐阜県郡上市)へ(11/12)

今年はまだまともに紅葉を見に行っていないことに気づき、岐阜県郡上市古今伝授の里フィールドミュージアムに行ってきました。

www.kokindenju.com

 

正式名称も調べず、適当に郡上市へ向かったので、ぎふ大和ICと白鳥ICのどちらで降りるのか覚えていなくて、適当にぎふ大和ICで降りたら正解でした。

ただ、最初、間違って道の駅 古今伝授の里 やまとに行ってしまいましたが…。

 

フィールドミュージアムのほうは、周辺の圃場整備で発見された東氏(鎌倉~室町期にこの地を治めた一族)の居館や庭園の遺構を中心に整備された施設で、中に、

・国名勝 東氏館跡庭園
・展示館「和歌文学館」
・研修館「篠脇山荘」
・東氏記念館
・大和文化財収蔵・展示館
・短歌図書館 大和文庫
・レストラン「ももちどり」
・茶屋「いなおほせどり
・和ショップ「よぶこどり」

があります。

 

東氏の9代目常縁(つねより)が、連歌師宗祇古今和歌集の講義や解釈を伝授(=古今伝授)したことにより、旧郡上郡大和町(現郡上市大和町)が「古今伝授の里」として売り出したらしいです。

 

f:id:hmatsu47:20161113214510j:plain

東氏記念館・大和文庫前の紅葉です。

 

f:id:hmatsu47:20161113214639j:plain

レストラン「ももちどり」の前にある池に映る紅葉。篠脇山荘の屋根も見えます。木の向こう側に和歌文学館があります。

 

f:id:hmatsu47:20161113214950j:plain

庭園の池です。

池の背後にも紅葉がありますが、朝早くでないと、南側にある篠脇山の陰になってしまいます。

池だけなら、夕方にも陽があたりそうです(この写真は午後3時頃)。

 

f:id:hmatsu47:20161113214925j:plain

篠脇山には城跡があります。

2日前に西美濃のマチュピチュへ出かけた後、家の中で右膝を強打したので、登るのは遠慮しておきました。

 

f:id:hmatsu47:20161113215604j:plain

茶屋「いなおほせどり」の入口にある紅葉です。

 

葉が散った木も多く、ピークを過ぎていましたが、まだ十分楽しめました。

明日の雨で散ってしまいそうですが。

 

余談ですが、この日(11/12)、せっかく篠脇城跡に行くのをやめて足を休ませたのに、本日(11/13)、近場に出かけたときに二重のシャトルバストラップ(予告なく経由地に行かなくなる・行列が長すぎて帰りのバスに乗れない)に掛かって、今、足がパンパンです…。